スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編続き

内定取れて調子こいてたら先輩に渋谷に呼び出しくらって怒られた。

このままいくとまた落ちるぞ、って後一年近くあるのに言われると思わなかった。

でもほんとに容赦なく落とすのがうちの研究室だから、怖いもんだ。
来週からは真剣に取り組まないとな。


続きは小説です。
(やっぱり、場違いだったんだ……)


女は後悔した。

決して自分が弱いわけではない。
だが、職によっては相性というものが存在する。
自分のスタイルに見合う敵を倒し、修練を積むのが普通の考えだ。


女の職は"ハイウィザード"。

目の前にいるのは鳥人族"ヒルウィンド"。


「キュピーッ!!」


明らかな敵意をこちらに向け、威嚇している。

ヒルウィンドは素早い動きと攻撃、更には人間が扱う魔法さえも我が物とし、このフィールドに君臨している。

魔法職にとっては天敵とも言える相手である。
近付かれたら最後。なす術もなくやられてしまうだろう。


考えただけでゾッとした。
体の震えが止まらない。

どうすればこの危機的状況を脱出できるだろうか。


相手は威嚇しながらもジリジリと距離を詰めてくる。



女はついに手を動かした。

両の手を丸め、耳より少し上の位置へ持っていき、表情を出来る限り強張らせた。


そして、



「ガ、ガウ……」



その場の空気だけでなく、対峙するヒルウィンドさえ、動きを鈍らせた。

不可解な行動だが、女は至って真剣な表情である。


彼女なりの、精一杯の"威嚇"だった。



(と、止まった!?)


何が起こったのかわからないというような顔のヒルウィンドを見、女は威嚇が通じたと解釈した。


(今のうちに…!)


無論、そんな手が通じるわけがないのだが。

背を向けて走り去ろうと、一歩後退りした女に、ヒルウィンドは容赦無く飛び掛かった。


「い、いやあぁぁー!!」


女は叫んだ。
杖を前に出しながらも、魔法さえ詠唱しようとせず。

彼女は、目の前の敵からただ目をそらすことしか出来なかった。






ドスッ


鈍い音がした。
金属が肉を突き破るような、嫌な音が女の耳に入る。

女は恐る恐る目を開き、その光景に驚いた。



「ひっ…!」


ヒルウィンドが、白目を向きながら痙攣している。

その胸からは、尖った金属(恐らく槍だろう)が姿を現している。

明らかな致命傷となる一撃に、ヒルウィンドはその後すぐに絶命した。


槍が引き抜かれ、ヒルウィンドが前に倒れたことで、後ろにいた人物が姿を現す。



(……え?)


さぞ屈強なナイトなのだろう。
女は最初はそう思っていた。


だが、あまりにも違う現実。
自分より背の高い人物が、後ろにはいるはずだった。

女の視線は徐々に下がっていき、自分の胸のあたりの高さを見るように首を下げていく。



「大丈夫っすか?」



(こ、子供…?)


そう、クルセイダーの"子供"がそこには立っていた。

ヘルムを被っていて表情はわからない、むしろそれが頭よりも少し大きめで、目をスッポリと覆っている。


女はしばらくその容姿に唖然としていたが、ふと我に返り自分のすべきことを思い出した。


「あ、ありがとうございます!」


深々と頭を下げて、礼を述べた。

対する子供は、体とは不釣り合いな大きさのランスを軽々と持ち上げ、背中に収めた。

そして、いかにも子供らしい高い声で、女の礼に答える。


「問題ないっす。ケガがないみたいで幸いっす」


語尾に「っす」とつける可愛らしい口調だった。
女も自然と笑みが零れる。


「とても助かりました。あまりに不釣り合いな場所に来てしまったもので……あ!私の名前は"奈那留=奈留"です」


女は慌てて名乗った。

すると、クルセイダーの子供は頭につけたヘルムを少し持ち上げ、初めて瞳を奈那留に見せた。


「僕は、"マスカテルフレーバー"っす。よければ、ここのフィールドの外まで護衛するっすよ?」


綺麗な蒼の瞳だった。


ポスッ


しかし、やはりサイズが大きめなのだろう。
手を離すとすぐに兜は落ち、再び瞳を隠してしまった。


「クスッ」


そんな小さく、可愛いけれども強いナイト様に、奈那留は思わず微笑んだ。


「お願いしますね、マスカテルちゃん」


「ハイっす!」


マスカテルフレーバーは、再び兜を持ち上げ、大きな声で返事をした。
コメント

がう・・・

まさかのひ弱っ子で驚きましたが実際にあのマップで死んだので否定しないっ☆(ゝw・)b
あれですね・・・自分が出てるのと、「がう」が知れ渡ってなんか恥ずかしい(*ノwノ)

ちびっこすきーなのでペアでかいてもらえてうれしかったっすwヽ(・w・)ノ

この後ついにドジっ娘無双が…!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。