スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みぬ傷ついた魔王モロク

一気に書き上げました。
もうちょいひねればよかったかな…。


続きは小説です。
「サ、サツキさん…!」


奈那留がサツキに呼び掛けた。

対するサツキは奈那留を視野にいれると、少し顔をほころばせた。


「おう、無事か……って訳でもないみたいだな」


奈那留は足元をフラフラとさせながら、やっと地に立っている状態だった。


「私よりも……マスカテルちゃんが…!」


力を振り絞り、奈那留は叫んだ。
己より深手を負ったマスカテルフレーバーでも、サツキの調合する薬なら一命を取り留められるだろうと、誰もが思うことである。


サツキは無言でマスカテルのほうを見た。

そして数秒後、今だ無言でその場から動かないセイレン=ウィンザーに視線を写した。



「お前が、"悪い奴"だな?」



目を細め、冷たい瞳と、そのセリフとは不釣り合いなほどに不気味な笑みを浮かべ、サツキは口を開いた。


ゾクッ


奈那留は背筋が凍るような感覚を覚えた。

敵であるはずのセイレンではなく、味方であるサツキに。



ゴパァッ!!


ふと奈那留が視線を逸らした瞬間、サツキの姿は消えていた。

次にサツキを視認できたのは、足元がまだ凍り付いているセイレンの顔面に、サツキの膝蹴りが叩きこまれた瞬間である。

足元の氷などまるで最初から無かったかのように、セイレンは軽々と壁に向かって吹き飛んだ。

軽やかに着地したサツキは、直ぐさまマスカテルのほうを向き直った。


しかし、


シュインッ!


空を斬るような音と共に、先程セイレンが吹き飛んだ方向から、スピアブーメランが放たれた。

サツキの顔面を狙っていたようだが、それは寸前で軽く首を横に捻ることで回避された。


「……まだ動けんのか」


サツキは意外だという顔を素直に表現した。
彼女自身も、恐らく最初の攻撃で勝負は決まったと思ったのだろう。


ドンッ!


その時、セイレンの周囲の大気が震えた。

そしてその周囲を、赤い稲妻がバチバチと音を立て、体を包み込む。


「へえ……」


サツキは感嘆の声を上げ、再び冷たく笑った。

それは特定のモンスターだけが使えると言われる"ラッシュアタック"。
攻撃力が倍以上に膨れ上がり、近付くものを瞬く間に葬るであろう、強力なスキルである。


セイレンは一気に距離を縮め、手にした剣を振る。


シャッ!シャッ!


剣の乱舞を、サツキは身軽な動きで回避し続ける。


ドゴッ!


セイレンの剣が壁に激突した。

しかし、崩れるのは当然壁のほうである。
それほどまでにセイレンの攻撃力は増加しているのだろう。

こんなものを生身の人間が喰らったら一たまりもない。


「サ、サツキ…さん…!」


奈那留が力を振り絞り、援護せんと杖を拾う。

しかし、強力な魔法を撃つほどの力はとうに尽きている。


「なんで……私はこんなときに…!」


悲観し、己の無力さを悔やみ、呪いたくなる。

このままでは生身のサツキもいつかは追い詰められてしまう。
今ここで少しでも相手に隙を作らなければ。



『大丈夫ですよ』


「……え…?」


その時、どこからともなく聞こえた声に、奈那留は周囲を見回す。
今までに聞いたことがない声だが、どこか安心できる声。

しかし、ここにはサツキとセイレンと、自分しかいないはずである。


これがフレイヤの声だと、奈那留が気付くのはもう少し後の事になるだろう。



「…………」


セイレンは無言で剣を振り続けている。

驚くべきは、相手がその剣にかすりもしないこと。

だが、長くは続かないだろう。
いずれは壁に追い込まれ、逃げ道を無くす。

それが己の勝機が見える瞬間だと、セイレンも確信していた。



一つ不気味なことがあるとすれば、この交戦の間に、


「………クソが…」


サツキの表情が、まるで"つまらないものを見るような目に変化している"ということ。



次の横薙ぎで、相手は攻撃を避けるために後ろに下がるだろう。

そこを一気に攻め込めば、



バキィッ!



勝てるはずだ。

と、目の前の情景を見るまでは、そう思っていた。

いや、思っていられた。



「……"俺"はこの世で嫌いなものが三つある」


サツキは横薙ぎされる剣が当たる前に、自分の肘と膝で、まるで"白刃取りでもするように剣を受け止めていた"のだ。

更に、受け止めるだけならまだしも、剣が"折れている"。

真っ二つに。


こんな人間がいるはずがない。
いていいはずがない。

いや、いてたまるものか。

セイレンは戦慄した。



「まず、ワンパターンな奴!!」


スパァンッ!


サツキはセイレンの視界から消えるように、体勢は低くし、全身を使って足払いを放つ。

セイレンは宙に浮くように足元をすくわれる。


「次に!喋らねえ奴っ!!」


ドゴォッ!!


次に、宙に浮いたセイレンのみぞおちに向かい、立ち上がる勢いのまま、左手でアッパーを放つ。

背骨まで届くかのような一撃に、セイレンはサツキの顔とほぼ同じ位置まで浮き上がった。


「最後に!!」


サツキは、右の拳を溢れんばかりの力で強く握りしめた。



「テメェみたいに……死んだ魚の目をした奴だああぁッ!!」


ズドォンッ!!


拳をセイレンの後頭部にたたき付け、その勢いのまま地面にめり込ませる。

その衝撃で、地面はセイレンを中心に陥没し、威力の凄まじさをそこに表していた。


クリエイターとは思えない強靭な肉体技に、セイレンは二度と動くことはなかった。



「あの世で後悔するんだな。俺の嫌いなものを全部満たしちまった自分に……」
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。