スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンロン地下闘技場編2

第一試合開始。


続きは小説です。



「……本当に行くつもりなのですか?」


女性は小さな溜め息をつき、机に肘をつく腕をせわしなく動かす。


「はい。うちが子供達を何とかしたらなあかんのです!」


対面に立つ女性は、その机に両手を付き、必死に説得を試みているようだ。


「確かに……王国からの援助が無い今、子供達を預かり続けるのは難しいでしょうね。しかし、あなたが危険な目にあうことになるんですよ?」


「そんなの関係ありません!それに、その賞金があれば教室をまた開ける……一生の生活に困らないだけの額が手に入るんです!」




ここはゲフェンタワー魔法教室。
現在は資金難のため教室は閉鎖しているが、戦争やモンスターのせいで親を亡くした子供達を引き取り、孤児院としての活動を続けている。



「それに、知ってるんですようちは。"マザー"が以前にその大会に出たことがあるのを。更に優勝までしたことを!」


「落ち着きなさい、"東雲春"。私が出ていたから何だと言うのです。今回も同じように賞金を手に入れられるとは限らないんですよ?」


椅子に座る女性の名は"マザー=マリサ"。
ゲフェンタワー魔法教室の学長にして、孤児院の管理人である。


対する女性の名は"東雲 春"。
その魔法教室に残った唯一の教師であり、彼女も過去に身寄りがなくなったところをマリサに拾われ、育てられたのだ。



春はコンロンの裏で開かれると言われる"地下闘技場大会"にて優勝賞金を手に入れ、教室の復興と孤児院の維持費を賄おうとしていた。

先の発言の通り、マリサは以前にこの大会に出場、そして優勝し、魔法教室を開いた経緯がある。


どこでその話を聞き付けたのか、春はマリサと同じ道を辿ろうとしていた。



「大丈夫です。マザー譲りの強力な魔法を使って、必ず優勝してみせます!」


春は拳を握りしめ、真っ直ぐな視線をマリサに向けた。

マリサは再び小さな溜め息をつき、ゆっくりと口を開いた。


「………わかりました。あなたがそこまで言うのなら、止めません。しかし、必ず五体満足で帰って来ること。お金が無くとも、子供達にはあなたが必要なのです……」


春は孤児院の子供達に"春先生"と呼ばれ、慕われている。

いくら相手を殺すことが許されない大会であろうとも、大怪我をしては本末転倒なのだから。


「まっかせて下さい!じゃあ、うちは出発の準備をしてきます。あ、子供達には内緒にしてくださいね!」


「……言える訳がないじゃないですか。とにかく、危なくなったらすぐに降参することを忘れるんじゃ…」


「いってきまーす!!」


春はマリサの言葉が言い終わらないうちに階段を駆け降り、ゲフェンタワーを飛び出していった。


残されたマリサは複雑な表情でそれを見送り、もう一度溜め息をついた。


「………一つ、手を打っておきますか……」



自分の娘のような存在が危険な場に出ることに不安を感じ、マリサは一つの"策"を張ることを決意する。


それが何であるかは、彼女自身しか知らない。

知り得ないことである。





















『では第一回戦!!"便利屋"ファルシオン対"美しき女教師"東雲春の試合を始めます!!』


ファルシオンと春は闘技場の真ん中で睨み合い、試合開始の合図を待っていた。


「おい、あんちゃん!怪我したくなかったら棄権してもええんやで?」


春は挑発するようにファルシオンに言葉を投げる。


「……………」


しかし、ファルシオンは無言のまま、それに答えようとも、反応しようともしない。


「なんやあれ…シカトかい。それとも余裕の表れか?」


春は舌打ちし、それ以上の言葉をかけようとは思わなかった。



やがて、試合開始の合図となるドラの前に、大きなバチを持った男が待機する。

神咲はそれを確認すると、再びマイクを口元に近づけた。



『コンロン地下闘技場大会第一試合……開始イイィィッッ!!』


ジャアアアァーンッ!!


巨大なドラが叩かれ、試合が開始された。


バッ!


直ぐさま春は杖を前に構え、詠唱を開始した。



「初っ端からデカいのいくで!!クリムゾンロックッ!!」


ゴオオォッ!


春の杖から、凄まじい火球が放たれ、相手に襲い掛かる。


しかし、それでもファルシオンは動かない。


ドゴオォンッ!!


魔法は直撃し、大きな爆発をあげる。


『おぉっと!春選手の魔法が決まったー!!これでは流石の便利屋も一たまりもないかぁッ!?』


『いえ、直撃はしていないようですね』


『えっ?』


神咲の実況に、アヘンは横から言葉を付け足す。


(アイツ…!)


春は心の中で叫んだ。


(直前で炎をいなしよった…!)


そう、魔法の直撃した手応えはなかった。

煙が晴れ、やがてファルシオンが姿を現す。


『む、無傷!?ファルシオン選手!全くダメージを受けていないようです!!』


そこには、最初と変わらず悠然と立つ便利屋の姿があった。


「まだまだ…!攻撃は終わっとらんで!!」


バチッ!


春の杖に稲妻が走り、それを打ち放つ。


「チェーンライトニングッ!!」


ビシャアアァンッ!!


地を走る稲妻の光が春から放たれ、ファルシオンを襲う。

連鎖的にダメージを与えるこのスキルは、その軌道から避けることはまず不可能である。
一撃目を回避したとて、二撃、三撃目が相手に襲い掛かる。


それに対し、ファルシオンは片手を前に、一つの"魔法"を詠唱した。



「"マジックロッド"」


パァンッ!


「なっ…!?」


春はそれを見、理解した。

チェーンライトニングの光は、ファルシオンの前にした手で打ち消され、吸収されていく。



『な、なんということでしょう!彼は魔法使いの類なのか!?春選手の魔法が打ち消されています!!』


『なるほど、先程のクリムゾンロックを防いだのも納得がいきますね』


(どういうことや……セージ系列の職業なんか…?)


ファルシオンの使用したスキルはセージ系列のみが扱える"マジックロッド"。

ターゲッティング魔法を吸収し、己の魔力へと変換するスキルである。


つまり、先程放った二つの魔法のようなスキルは通用しないことになる。



「それならこっちも手はあるで!!」


バッ!


春は直ぐさま後ろに跳び、闘技場の隅から魔法を詠唱した。


「アースストレインッ!!」


ドゴゴゴゴゴゴッ!!


闘技場の地面が盛り上がり、鋭い岩盤がファルシオンに向かい、襲い掛かる。


『春選手凄まじい魔法の押収だ!!今度ばかりはファルシオン選手も危ういかァッ!?』


『あの範囲では逃げ場がないですね』


観客席から実況席まで揺らすほどの威力に、二人は驚きを隠せない。



対する便利屋、



「……対策を付けたか。正しい選択だ」



その男、ファルシオンはここにきて初めて口を開いた。


そして、


スゥッ


(な、なんや…!?)


両腕を高く上げ、構えを取った。

その腕には何も握られていない。
しかし、それは明らかに剣術における"上段の構え"。



「ハアアアアアァァッ!!」


ブォンッ!


ファルシオンは掛け声と共に、その腕を縦に真っ直ぐ振り下ろした。



ドゴオオオォォンッ!!


すると、まるで"剣をたたき付けたような"衝撃が巻き起こり、春のアースストレインと激突し、それを相殺した。




「あれは……ボーリングバッシュ…?」


「あぁ、あの衝撃は間違いないな」


観客席でそれを見たダズは、覚えのある技に我が目を疑った。

ジルも同様の心情だろう。





「ど、どういうことや…!?魔法の上に騎士のスキルなんて…ありえへん!!」


春がそう思うのも当然だろう。


それでは先程使ったマジックロッドの証明ができないのだから。



スッ


ファルシオンは構えを解き、春を見た。


「……俺の能力、その名を教えてやろう」


睨む春は、戦慄した。




「"千才一遇/スペシャリスト"だ。俺は全ての職の中から、それぞれ一つの技を扱うことができる。覚えておくがいい」




それは、千の才能に恵まれ、一つの遭遇を果たした者の力。



「……それを言うなら、"千載一遇"やろ……」


春は額に汗をかき、これから起こるであろう戦いに奮えを隠せなかった。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。