スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンロン地下闘技場編15

いくぜタッグバトル。





続きは小説です。



彼女は、己の半生を掛け、この技を編み出した。

全方位からの魔法攻撃。
それは、対峙する者に絶対的な強さを示し、多くの者を圧倒してきた。

それを"天才"と呼称する者まで現れ、彼女はその呼び名に恥じぬ生き方をしてきた。



だが、目の前の男は違う。


特殊な能力を持ちながら、それを善良な人々のために使わず、時に悪行に加担し、依頼のため、金のためならどんな事でもやってきた。


彼女の中の正義に反する悪。
涼の中ではそんな人物にしか見えなかった。


どんな事があっても、この男にだけは負けたくない。

どんな事があっても、この魔法だけは破られてはならない。


それはプライド、意地でもあり、彼女の人生そのものなのだから。






ギリギリッ!


涼は唇を噛み締め、凄まじい形相でファルシオンを睨みつけた。


「……こんな……こんな単純なことで……」


怒りに手を震わせながら、次の魔法力を腕に纏わせた。


「妾の……妾のスペルフィストが………」


それを振り上げ、次なる魔法を放った。


「負けて………たまるかあああああぁぁッッ!!」


ゴオオオオッ!


放たれたサイキックウェーブは、ファルシオンに直撃する。


「グハッ…!」


体が再び壁に叩きつけられ、苦しみに顔を歪める。


ダァンッ!


同時に、涼も後方に吹き飛んだ。

地面を転がり、己の魔法の強さを、その"反射"によって実感する。
体が軋み、両の足で地に立つことすら難しいほどに。




「…………ける、な………」


涼は小さく呟いた。


そして、次の瞬間、




「……ふざけるなああああああああッッ!!!」



怒声と共に、彼女は再び魔法を放った。



恐らく、スペルフィストに魔法を乗せないだけで、彼女の勝利は揺るがないだろう。


たったそれだけのことが、出来なかった。

それをやめれば、自分が自分ではなくなるような感覚に陥る。


そして、リフレクトシールドを発動することしか出来ないファルシオンから、逃げたくはなかったのだ。

真っ向からそれを打ち破ってこその、彼女の美学がそうさせなかったのだ。




「………俺には……成さねばならぬことが……ある………」


ガラッ


ファルシオンは、壁から前に出た。

まるで、自分から魔法にぶつかりに行くかのように。



「それを……成し遂げるまで………」


ドオオオォォッ!!


涼の放った魔法が、ファルシオンの眼前に迫っていた。



「……負けられ………ないんだ………」











ドガアアアアアアアアァァンッッ!!



轟音をあげ、闘技場は再び土煙に包まれた。


涼は全身を警戒させた。
やがて襲い来るであろう衝撃に身を備えて。



しかし、



「…………?反射が………」


しかし、いくら待てども、衝撃はやってこない。


やがて煙が晴れ、彼女は対峙する者を見た。





「……もう、勝負はつきました。攻撃をやめなさい」


「…なっ……あなたは…!」



彼女も、この大会に出ているぐらいなら名を知らぬはずはないだろう。



『……な、なんと……なんということでしょう……』


実況の神咲も、同様に驚愕していた。



ファルシオンは、確かに闘技場に足をつき、立っていた。


その目の前に、魔法を防ぎ、立ちはだかる者。
前大会優勝者として名高い大魔導師、"マザー=マリサ"の姿があったのだから。



『……あの人は間違いない……前大会優勝者の、マザー=マリサだ……』


『ええ!?本物ですか!?』


ザワザワ!


アヘンの言葉に、会場中がざわめき始めた。

とてつもない大物の登場と、謎の行動に。



「…ど、どきなさい!まだ決着はついていな………っ!?」



涼は、そこで初めて気が付いた。

本来ならばあり得ないことに。


マリサは振り向き、ファルシオンを見た。



「…よく、頑張りましたね……」


彼女は瞳に涙を浮かべている。


「だから……もう、いいんです………いいんですよ、ファルシオン………」




両の足を地に着き、真っ直ぐに立ち、ハッキリと前を見据えていた男。




"便利屋ファルシオンは、立ったまま気絶していた"。



精神力、意志の強さだけで、確かにそこに存在し、気を失って尚、戦いを続けようとしていたのだから。























ワアアアアアアアアアアアァァッッ!!


選手控え室へと移動中の涼に、後方から観客の声援が聞こえてきた。


前座だと思われていた試合。

しかし、涼の圧倒的な魔法の力、ファルシオンの気絶して尚、立ち向かう心意気に、その心は動かされていた。


「……………」


涼は傷付いた体を庇いながら、壁にもたれかかり、唇を噛み締めた。

その表情は、悔しさが滲み出ている。


スッ


彼女の横に立ち、ホワイトスリムポーションを差し出す男の姿があった。



「お疲れ、涼さん。サツキからの差し入れだよ」


「………瀬戸…誠……」


現れたのは瀬戸誠。

肩には、巨大な斧、嵐斧ハリケーンフューリーが担がれている。


涼は静かにポーションを受け取り、ゆっくりと飲み干した。


「……次はあなた達の試合ですか?」


「うん、応援よろしくね」


誠はそう言い残し、闘技場の中心へと歩みを進めた。


コツ、コツ


その後ろから、もう一人の女が現れた。

言わずもがな、誠の相方、サツキである。



「……………」


目の前を通り過ぎようとするサツキを、涼は無言で睨むように目を細めた。



「悪くない試合だったぜ」


サツキは振り向かず、そう言った。

それにも涼は応えない。


数秒立ち止まったサツキは続けた。




「悔しかったら、這い上がって来い」



そう言い残し、オーバージェネティックは戦いの場に足を運ぶ。




















「さて……」


実況席で、ゆっくりと立ち上がった男。


その名は、動かない石像こと、アヘン。

彼は小さな笑みを浮かべ、闘技場に入場した誠を見た。



「嵐斧を修復したか……だが、お前に斧の使い方を教えたのは、誰だったかな…?」



不敵に笑う男は、肩に巨大な斧ギガントアックスを携え、闘技場へ歩みを進めた。





サツキ&誠  vs  アヘン&神咲


戦いの火蓋が、今切って落とされようとしていた。



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。