スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンロン力地下闘技場編20

しばしの間、無双SHIZUをお楽しみください。




続きは小説です。



「ワシの、武器……」


ケビンの剣を握る手に力が込められ、ワナワナと震えを起こす。



「返せええええええぇっ!!」


ダンッ!


ケビンは怒りを顕に、ジルへと飛び掛った。


「あっ!待てケビン!クソッ…!」


それを制止しようとするマサオ。

しかし、時既に遅し。
ケビンはその剣を振りかぶり、ジルへと振り下ろしていた。


キィンッ!


ジルは剣を横に構え、それを受け止める。


ゴオッ!


両方のツインエッジから炎が噴き出し、周囲に火の粉を撒き散らす。


同じ種類の武器である以上、その力も同等と言えるのだろうか。




「…あっ!?」


しかし、ケビンは一つの"異変"を目にし、表情を歪める。


「気付いたか……だが、もう遅い!!」


ズオオオオッ!


ジルの言葉と共に、蒼炎のツインエッジから蒼白い炎が一層強くあがる。



いや、それは錯覚だったのかもしれない。



「ほ、炎が…!小さくなってる!?」


ケビンの手にした紅炎のツインエッジ、その真紅の炎は、"まるで蒼炎に吸収されるかのように、勢いが弱くなり始めていたのだ"。




「属性相性ぐらい…覚えておくんだな!!」


ギィンッ!


「ウアァッ…!」


ケビンはジルの横薙ぎに押し返され、後方に吹き飛ぶ。



そう。それに大きく作用するのは、武器に付与されている"属性"。


紅炎は火属性。

対する蒼炎は、火属性に強い"水属性"。


当人達がいかに剣を振ろうとも変わらない。
属性という絶対的な相性の悪さが、その組み合わせにはあった。




フッ!


次の瞬間、ジルは背後に現れた気配を感じ取る。

それは、残影により一気に距離を詰めたマサオである。



「羅刹…覇凰撃イイィィィッ!!」


ドドドドドドドッ!


マサオの拳から、波動の連撃が放たれる。



しかし、


ガガガガガンッ!



ジルは両手を前でクロスさせ、その連撃を全て受け止めた。

その勢いで少なからず後方に下がりつつも、大きな傷を負っているようには見えない。



(ガードが…完璧過ぎる!手応えが全然ない…!)


マサオはその恐ろしさに身震いした。


以前ケビンに放った同様の攻撃。
それは、彼女の極端なまでの体の柔軟さによって"受け流された"にすぎない。


だが、目の前の人物は違う。


攻撃を全て受け止め、それでも尚大きな傷一つ負わず、"次の攻撃体勢へと移ろうとしている"のだから。




「スパイラル…!!」


「クッ…!?」


ゴオォッ!


ジルが腕を捻るように剣を握った瞬間、蒼の炎が唸りをあげる。

マサオは羅刹覇凰撃を放った直後で、すぐに動くことが出来ない。



「ピアアアアアァァスッ!!」


ドガガガガガッ!


地面に螺旋状の傷跡を残すように、ジルはマサオへと突進する。


どう足掻いても、それを避け切ることは出来ない。



「オオオオォッ!」


バンッ!


マサオは蒼炎に身を焼かれながら、白刃取りを試みた。


「いい判断だ……だがっ!」


ドドドドドッ!


ジルの突進は止まらない。

白刃取りをしたマサオごと、壁際まで彼女を力尽くで押し切る。



「その程度の力で止められると思うな!!」


ドォンッ!


「ぐっ…あ!」


ジルは左腕を伸ばし、マサオの頭を壁に埋め込むように押し付けた。

その力の前に、マサオは両足で立つ力を失い、崩れ去る。




ゴゴゴゴゴゴッ!


「!?」


その時、後方で地鳴りを起こすような気配に、ジルは振り向いた。


そこに立っていたのは紛れもない。



「マサオ氏から……」


彼女のパートナーである、ケビンだった。



「離れろおおおおぉぉッ!!」


ズオォッ!


ケビンは紅炎の力を借り、メテオストームの隕石を召喚した。

それを勢いよくジルに向けて放つ。



「……剣の力を引き出したか」


ジルは迫り来る隕石を前に、剣を構えた。


「しかし、それはこちらも同じこと!!」


バキィンッ!


蒼炎が唸りをあげ、周囲に氷の柱を展開する。

それこそ、蒼炎のツインエッジに秘められた力。



「フロスト…ダイバアァーッ!!」


ガキィンッ!


ジルから放たれた氷結魔法が、一直線に隕石に襲い掛かる。

それは隕石の表面を凍結させ、減速させていく。


バッ!


「ソニック…!」


即座にジルは構えを作る。

それは、東方の古武術に伝えられる、"居合い"の構えである。


「ウェーブッ!」


ザシュウッ!


放たれた真空波は、メテオストームをいとも簡単に、真っ二つに引き裂いた。

これにより、ジルに隕石が衝突する事はない。



だが、


ダンッ!ダンッ!


「ぬっ…!?」


対するケビンは、予想に反した動きで接近を図る。


真っ二つにされた隕石、その間を蹴り飛ばし続け、"徐々に加速度を増していっている"。


「"昇龍豪炎"とは…!」


ダンッ!


十数回の加速の後、ケビンは凄まじいスピードでジルに襲い掛かった。



「こういう事を言うんだああああぁぁっ!!」


「くっ!」


ギイィンッ!


それを受け止めることには成功したが、いかに属性相性が悪いと言えど、その圧倒的攻撃力とスピードを前に、後方に押され始める。


「やるなケビン…!それでこそ私の見込んだ騎士だッ!!」


「ダアアアアアアアッ!!」


凄まじい師弟対決が繰り広げられ、会場は騒然とする。

















(……ケビンが……戦ってる………)


闘技場の隅で倒れたマサオは、朦朧とする意識の中、二人を見た。


(動け……動いてくれ……私の、体………)


バサッ!


その時、目にしたかは分からない。
だが、五感で感じ取ったもの。



(………紅い………髪……?)


ジルが靡かせる、真紅の長髪だった。


(……私は………どこかで……あれを………)




マサオは、その"真紅"を前に、意識を失った。


それの意味するものを、探し求めるように、静かに。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。