スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイペース

今日もまた小説です。

もはやその人のステとか装備は無視な厨二小説です。



相変わらずですが、こういうのが嫌いな人は見ないことをオススメします。
(炎を消したのは誰だ?)


"女"は考えた。

だが、過程はどうでもいいというように、首を左右に振って考えるのをやめた。


(問題はこれからだ。あの怪物をどう止めるか…)


"女"の顔は影になり、隠れていてわからない。

身に纏った服は赤と黄のドレスのようで、足のスリットから細く白い足が見え隠れしている。

腕からは"振袖"のような長い布が伸び、首にはトレードマークと言えるような、獣の皮を巻いている。


(侵入者の廃除を優先するか…)


"女"は決めた。
そして歩き始める。


頭に被った緑色の"とんがり帽子"を揺らしながら、ゆっくりと歩き始めた。
















「どうなってんだこりゃ……」


タイタンは目の前にある台座を見、合計で"4つ"ある他の台座のほうも目で追い、確認する。


「氷の炎が、全て消えている……」


タイタンの表情がみるみる暗いものに、焦りを浮かべる。

ダズがその様子を見、タイタンに問い掛ける。


「どういうこと?炎が灯っていないとまずいことが…?」


その質問にタイタンは無言で頷く。


「これは氷の洞窟の"怪物"を封印する装置だ。この炎が全て消えると、封印が解除されちまう……」


ダズは"怪物"という単語に身を震わせる。

マツリはふと思い出したように話し始めた。


「で、でも、前におじさん言ってたよね?封印を護るガーディアンがいるって…」


これにもタイタンは頷いた。


「つまり"あいつ"が、ガーディアンが気付かぬうちに炎が消されたか……そのガーディアンがやられた、か……」


後者のほうは考えたくない、と言うように声を小さくし呟いた。

菫吏はその会話から一つの疑問を感じ取った。


「ですが、タイタンさん。その話からだと、ガーディアンの方とは知り合いだというように聞こえますが……っ!!」


菫吏は言い終わるや否や、弓を構えた。

それに合わせて、他の全員も武器を構える。


「後ろに何かいます……気をつけてください」


菫吏は背後を警戒し始めた。

だが数秒置いても、その"何か"は動く気配がない。

マツリが構えを少し緩めた。


「気のせい?何もいないように感じるけど…」


「…おかしい、確かに気配を感じたのに……」


気配を感じた菫吏さえ、勘違いかもしれないというように首を傾げる。


「………なっ!?」


だが、自分達の足元に変化を感じ、タイタンは驚愕する。



氷の大地が、徐々に黒さを増していったのだ。


瞬時にタイタンは自分の頭上を確認する。



なんと、どす黒い暗雲が彼らの上に立ち込めていたのだ。



「全員横に跳べええぇーーっ!!」


それを合図に、全員が頭上を見ると同時に、横に跳びずさった。





ズガアアァァァアンッ!!


爆音と共に、通常では有り得ない威力と範囲の"稲妻"が氷の地面に叩き付けられた。



タイタンの言葉で、全員が跳び回避することができたが、瞬時に4人は分断されてしまった。


ダズとタイタンは、4人が上手く分断されたことが相手の策略であったとすぐに気付く。



「おじさん!お姉ちゃ…アグッ!!」


マツリが叫んだときには遅かった。

なんと無数の光弾"ソウルストライク"がマツリに直撃し、彼女は吹き飛ばされる。



ガァンッ!!


氷の壁に叩き付けられ、マツリは気絶してしまう。


「マツリさんっ!?キャアッ!!」


次の標的は菫吏だった。

寸前のところで光弾を回避するも、近くの地面を直撃した爆風で、菫吏も体ごと武器を吹き飛ばされた。



「マツリ!菫吏さん!くそっ!!」


ダズは二人がまだ生きているであろうことを確認すると、すぐに武器に精神を集中する。


「オーラブレイド!コンセントレイション!!」


長剣をオーラで包むと同時に、体を光らせ集中力を高めた。

次の瞬間、先程感じた気配とは違う場所から人型の"何か"が飛び出して来た。



その手には鋭利な刃物"カウンターダガー"が握られている。


「クッ!!」


ダズは剣を両手に持ち、相手の動きを目で確認する。

常人では考えられないスピードで迫るそれは、瞬時にダガーを逆手に持ち替え、ダズの構えた剣を下から掬い上げた。



ガキィンッ!!


予想外の重い一撃を喰らい、ダズは腕ごと剣を上に弾かれてしまう。


「し、しまった…!」


剣を弾かれ、体勢を崩しながらもなんとか相手を視野にいれる。


だが、なんとその"女"はダガーを持たない左手の手の平を前に突き出し、既に詠唱を始めていた。



「"ナパームビート"ッ!」


"女"の詠唱が完了し、ダズは左手の波動で後方に大きく吹き飛ばされる。


「グ、アッ…!!」


腹部に強烈な痛みを伴い、ダズは氷の地面をゴロゴロと転がり、滑る。



魔法の詠唱で一瞬止まった"女"のスキを見逃さず、タイタンは腰から引き抜いた短剣を、相手に接近して振り下ろす。


「テメェ!よくも…!」



キィンッ!


タイタンの短剣"バゼラルド"と"女"のダガーがぶつかり合う。




数秒、ギリギリと力比べを行うが、タイタンはふと"女"の顔を見、驚愕する。



「お、お前!!」


タイタンが何かに気付いた。

だが、"女"はその瞬間、スリットから右の足を現し、そのままタイタンに蹴りをいれる。


「あっぶねぇ!!」


タイタンはバックステップで後方に跳び、瞬時にそれを回避する。




そして、"見覚えのある女"の、




「"アリル"!?」



名前を叫ぶ。


"アリル"と呼ばれた女は、ふとももまで露出した白い右足を、前に突き出したまま答える。



「……タイタンか?」


アリルはタイタンの顔と姿を確認すると、右足をゆっくりと地面に下ろした。


「アンタが、ここの炎を消したのか?」


「違う!俺らじゃない!」


アリルの問いを、タイタンはすぐに否定する。


アリルは両手の平を上に向けるように、


「やれやれ、とんだ手違いか」


と肩をすくめる。

タイタンは顔を下に向け、うなだれたが、


「いきなり攻撃してきやがって、ちきしょう……仲間の介抱手伝えコラッ!」


直ぐに顔をあげ、怒鳴り出した。




どうやら、この二人は知り合いらしい。















「それで、手違いだったんだね?」


手渡された白ポーションを飲み終えると、ダズは再度確認した。


「なぁんだ、よかったー…」


マツリも目を覚まし、手を胸に当て撫で下ろした。

菫吏も同じように安心した表情をとっている。


「アタシはここのガーディアンをしてる"アリル"だ。台座の炎を消したのがあんた達だと思ったんだ…すまなかったね」


プロフェッサーである"アリル"は、自己紹介と共に自分の行為の経緯を説明し、素直に謝罪した。


タイタンは全員が回復したことを確認すると、すぐにアリルに問い掛ける。


「台座の炎が消えたってことはやっぱり、ウワッ!!」






ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッッ!!!



地面を大きく揺らす轟音と地響きに、タイタンだけでなく全員が驚く。


その様子から、アリルはすぐに判断した。


「まずい…封印が解かれた」


「!!」


封印が解かれ、怪物が出現するであろうその地鳴り。

5人は恐怖し、同時に武器を構える。



「何が現れるんだ!?」


タイタンはアリルのほうを向き、焦り問い掛ける。



数秒沈黙を守ったアリルの口が、静かに開かれた。




「氷獣"クトルラナックス"……」











人の想いとは、儚くも永久に成就されぬ物なのだろう。

運命に抗い、闘い続ける者達に未来はあるのだろうか。
コメント

わぁおー。

不意打ちとはいえ、アリルさん最強~~

さすがありるんだ、最強だね。
きっと木琴装備の砂がSS食らったら即死だggg

とーりん>ガーディアンだからね。もはや強さはトールの二匹並!

まっちん>正直まっちんを即脱落にしてすまんかったorz
油断した瞬間を撃たれるとか、今読み返したらかわいそすぎですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。