スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事後承諾その2

タイトル通りです。伏線とかについていろいろと。

ちょっと目に痛いところがあると思うので見たくない人は見ないように。
dazzling「はい、では今回は私たちが進行を務めさせていただきます」

ダージリン紅茶「こういう席にringがいないのも不思議じゃの」

dazzling「なんだか、私と名前が似てるからってことで省いておいたらしいですよ」

ダージリン紅茶「まぁ……確かにエルとアールの違いだけじゃしの」

dazzling「今日の事後承諾さんは、こちらです」

菫吏「はい、最近出番のない菫吏です」

ダージリン紅茶「プロ待機組に入ってしもて、残念なことですな」

菫吏「いえ、聞くところによると後でちゃんと出てくるそうなので……」

dazzling「きっとトール偏が終わってからの話なんでしょうね」

ダージリン紅茶「運が悪いとしか言えんのぉ」

菫吏「……まぁ、本題に入りましょうか」

dazzling「そうですね……本編でどうやらタルタルさんは難を逃れたようですが」

ダージリン紅茶「なんやまた謎の人物が出てきよって」

菫吏「一難さってまた一難、と言ったところでしょうね」

dazzling「主は、ここでアンケートを取りたいとか?」

菫吏「はい、このままタルタルさんの動向を見るか、イフリートと対峙中のダズさんの動向を見るか、迷っているそうです」

ダージリン紅茶「選択肢に入らないアリルさんや刹牙さんはどうなるんじゃろか」

菫吏「もちろんお二人にも後で出てきてもらいますので……今はそのどちらかになるんでしょう」

dazzling「ところで、執筆途中の番外編については何かご存知ですか?」

菫吏「はい、ではとりあえず、番外偏の大まかなストーリーについてここで話しておきますね」

ダージリン紅茶「オチが思いついてないって話は聞いとるで?」

dazzling「難しいですよね、オチって」

菫吏「舞台はプロンテラで、少し過去のお話になるみたいです。登場人物は今のところ4人です」

dazzling「既存のメンバー以外にも出る人がいるんですか?」

菫吏「はい、かなり職がかぶっているところがありますが、今回新規で出る人物は"ロードナイト"です」

ダージリン紅茶「なるほど。しかし他の3人は誰がなるんじゃろな」

菫吏「隠す意味もあまりないので、既存のメンバーではタイタン、ダズ、マツリの3人が登場します」

dazzling「その3人に繋がってて、ロードナイトの人ってまさか……」

ダージリン紅茶「一人ぐらいしかおらんのぉ」

菫吏「はい、もうお分かりでしょう。まだ本人に確認とってないんですけどね」

ダージリン紅茶「大まかなストーリーとは、どのあたりまで話してもらえるんじゃろか?」

菫吏「一応、決まっているところまでは以下のように」


『"マツリに彼氏ができた"
この話を聞いたタイタンは激怒。"俺は認めない"の一点張りでマツリを困らせていた。
密かにマツリに連れられて、噂の彼氏と対面をするダズ。
どうもタイタンが親バカなだけであると認識したダズは、マツリと二人でタイタンの説得を試みる。
しかし困ったことに、タイタンは

"ロードナイトなのが既に解せん。せめてダズより強くなければ認めない"

という言葉を口にしてしまい、マツリはそれを聞き怒ってしまう。
しかし、一度対面をしたダズは相手がどの程度の実力なのかもわかっていた。
密かに噂の彼氏と話をつけたダズは、己の腕に磨きをかけるためにもその人物と対決することに。
果たしてその勝敗や如何に、そしてタイタンはマツリの交際を認めるのだろうか?』


菫吏「という感じです」

dazzling「まさに番外編といった雰囲気ですね」

ダージリン紅茶「さてまぁ、後はその"Hさん"が了承してくれるじゃろか」

菫吏「後日確認してみるとのことですよ」

dazzling「了承得られるといいですね……アンケートについては以下のようでいいでしょうか?」



アンケート
次に書くべき話はどれがいいか?
①イフリートと対峙中のダズ
②新たな刺客が迫るタルタル
③相打ちになったアリルと刹牙
④プロンテラ待機組



菫吏「①か②かで迷うところでしょう」

ダージリン紅茶「わからんで、意外に④だったりする可能性もあるじゃろ」

dazzling「③については、①と②のどちらかから繋げられそうですしね……」

菫吏「では、コメントか口頭で皆さんの意見をお待ちしています」

ダージリン紅茶「よろしく頼むで~」

dazzling「菫吏さんお疲れ様でした。④で登場できるか楽しみにしています」

ダージリン紅茶「数少ない貴重なお色気キャラじゃしの」

菫吏「えっ、私そんな位置でしたか…?」

dazzling「間違いないですね」
コメント

No title

うちの子が話してる?!
口調が、お嬢様っぽい!

どれも楽しみにしてますv

正直とーりんをトール編に連れていくべきだった。今更後悔している。

貴重なタイタンとの絡みが…!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。